Win8+PS7でドロップレットがうまくいかない?

Photoshopのドロップレットを使ってみました。

 

ドロップレットとは、アクション処理を実行ファイル形式(EXE)にして、Photoshop外部から処理を呼び出すことができる機能です。

アクションの機能は便利ですが、一度画像ファイルをPhotoshopに読み込み再生ボタンを押す必要があります。

ドロップレットはこの読み込み再生の部分を省略し、アクションを更に使いやすくしたものといえます。

 

作成したドロップレットの実行ファイルに対して、複数の画像ファイルをドラッグ&ドロップすることによって、一括して同じアクションの処理を実行できます。

 

 

ドロップレットの作成方法は簡単です。

 

[ファイル] メニューの [自動処理] から [ドロップレットを作成] を選択してます。

 

droplet01

 

ドロップレットの作成画面が出るので、ドロップレットの保存先のファイル名と、実行したいアクション名を選択します。

 

droplet02

 

[OK] を押すとこのようにドロップレットのファイルが作成されます。

 

droplet03

 

あとは、この作成されたファイルに画像ファイルをドラッグ&ドロップするとPhotoshopが起動して、アクションを実行してくれます。

たくさんの画像ファイルにアクションを適用したい時にとても便利に使えます。

 

 

……と、ここまでブログを書いてみたものの、これだけではWindows8 + Photoshop7の環境で正常に動かないことに気づきました。

 

Windows XP + Photoshop CS6 の環境だと、上記の方法でうまく動いたのですが……(^^;;

 

 

ググっていたら、こんなAdobe公式のこんな記事を発見しました。

 

Windows 7 でドロップレットが動作しない(Photoshop CS4/CS5)

 

なるほど!! これで解決!?

 

……と思いきや、やっぱり Windows8 + Photoshop7の環境ではうまく動きませんでした。

Photoshopが呼び出されるものの、アクションがうまく実行していないように見受けられます。

(特にエラー表示もされず、ただうまくアクションが動作しない感じ)

 

新しいPhotoshopを買えよ…ってことなんでしょうか?

無念です(>_<)

 

どなたかうまく動かす方法をしていたら、教えて下さいm(_ _)m


アクションって便利

Photoshopのアクションを一度使うと、かなり便利だということに気が付きました。

 

アクションとは……

action01

 

いくつかの連続した作業を記録して、それを好きな時に再生できる機能みたいです。

 

 

たとえば、ブログ用の画像として画像サイズを横幅480ピクセルに統一したい時などは、いちいち画像をすべてリサイズ処理しないといけないですよね。

その時便利なのが、アクションというわけです。

 

まず、新規アクションを作成。

action02

 

そして、記録を開始します。

action03

 

 

Photoshop上で普段通りに作業をすると、その作業内容を記録してくれます。

 

1. イメージサイズの変更

2. 画像を保存

3. 画像を閉じる

 

これらの作業を行った後で、「アクションの記録の中止」ボタンを押します。

 

そうすると、画像サイズを変更するアクションのできあがり。

 

action04

 

 

一度、アクションを記録すると、「再生」ボタンで再現できるので、ワンクリックで同様の処理を他のファイルにも適用できます。

 

とても便利で重宝しています。


打ち上げ

Webデザインを学んでいた学校の卒業式でした。

そして、最後にみんなで打ち上げに繰り出しました。

 

打ち上げ

 

 

技術面はもちろんのこと、人間面でもいろんなことを学べました。

とても楽しく、もう終わりかと思うと寂しいです。

 

最後はたくさん飲んで楽しみました。


ユニークユーザ数が増えた

先日から作っている「海中素材のBlue Free」の訪問ユーザ数の統計です。

Google Analyticsでデータを統計確認しました。

 

ユーザ数統計

 

いろんな人に見てもらえるようにリンクを張ってもらったので、見てくれているユーザ数が急に増えました。

嬉しい限りです(^^)/

 

京都だけじゃなくて、日本全国各地からアクセスがちらほらあって、そろそろSEO対策の効果が出てきたのかなぁ……と感じています。

もう一息がんばります。