Google AdSenseのリンクユニットを使ってみた

さてさて、Webサイトのマネタイズについてです。

せっかく素材系のWebサイトを作ったのだから、無料で素材を提供する代わりに、ちょっとしたお小遣いくらい欲しいですよね(^^;;

 

というわけで、Google AdSenseの広告のリンクユニットというものを導入してみました。

 

Google AdSenseのリンクユニット

 

このリンクユニットというのは、そのWebページに関連するキーワードを表示するタイプの広告のようです。

上記のような狭いスペースにも設置できるみたいです。

 

 

ユーザさんが関連するキーワードをクリックすると、Googleの広告のページが表示されて、そこで更に興味のある広告をクリックしてサイトを見てもらえたら収益が発生するようです。

 

2回クリックが必要だと、なかなか収益につながりにくそうですよね(^^;;

まぁでも、望ましくない誤クリックなども減りそうなので、CPCが良さそう……とか、勝手に想像しています(^^)

 

 

ちなみに、少し前までこのリンクユニットタイプの広告は同期型の広告でした。

そのため、このユニットが表示されるまで、Webページ全体が完全に表示されないという問題を抱えていて、僕はあんまり使っていませんでした。

完成したものをサーバ上で動かす分には問題なかったのですが、ローカルのPCで開発作業するのが大変不都合だったです(T_T)

 

しかし、最近、Googleの広告自体が非同期型に対応してくれているみたいなので、上記のような問題も回避されてシームレスに開発できるようになりました。

 

 

あとは広告の効果が出てくればいいのですが、しばらく様子見です(^^)/


Google+ってSEO対策になる???

最近WebサイトのSEO対策ってつくづくよく分からないなぁ……と思い始めています(^^;;

何これ?」って、びっくりする事案があったので、ブログにメモとして残しておきます。

 

実は今日は「ポケミス全巻」というiPhoneアプリの申請が通って、アプリをリリースすることができました。
そのため、早速そのアプリの紹介するWebページを作りました。

こんな感じのページ

 

そしたら、驚くべきことに、作ったばかりのページが即日Googleの検索結果に表示されていました。

Google検索結果:ポケミス全巻

赤で強調している結果がそれに当たります。

 

上の方のアプリリリースの記事はブログサイトです。
ブログのため、記事の投稿時にpingをgoogleに送信しているので、即日検索結果に表示されるのは納得できます。

しかし、赤で強調している下の方は普通のWebページです。
特にpingを送信しているわけでもないので、即日検索結果にでるのはとても不思議でした(^^;;

 

まぁ、Googleのクローラーがリンク伝いにたまたま今日やってきてインデックスされた可能性もあります。

……が、ふと別の可能性が思い当りました。

もしかして、Google+ってSEO対策になるんじゃねぇ?

 

そうなんですよ。
作ったWebサイトにSNSボタンを設置したついでに、Google+の「+1」ボタンを自分で押したんですよ。

これが活きて、Googleに即日インデックスされたんじゃないかなぁって思いました。

まぁ、これは推測の域を出ない仮説なんですが……。

 

ググってみると確かにGoogle+はSEO対策になるという意見も人がたくさんいました。

そうなんですね。

Google+をもっと活用して、実験してみたいと思いました(^^)/


検索結果が正常になった

運営している素材サイト名「海中素材のBlue Free」で検索をかけたときに、検索エンジンの表示がおかしくなる問題が少し前にありました。

きちんとSEO対策をしたためか、ようやく正常に表示されるようになりました。

 

Google検索

Google検索

 

Bing検索

Bing検索

 

これでひと安心です。

 

Bingのウェブマスターツールは、他のサイトからの被リンクのアンカーテキストなどもひと目で確認できて便利だなぁと思いました。

 


Ustreamスタートアップセミナー

今日はUstreamのスタートアップセミナーなるものに行ってきました。

ご存知の通り、Ustreamは動画のライブ中継ができるWebサービスです。

 

何かをPRしたい時って、やっぱり動画って効果的ですよね。

見ることはあっても、作る機会はなかったので、勉強しに行ってきました。


 UST器材

 

 

UST器材

 

このような高そうな器材を見て、ちょっとビビりましたが、基本はカメラとPCとネット環境さえあればできます。

画質が何でもよければ、スマホ1台で全世界に動画中継できるというのがUstreamの特徴らしいです。

 

配信動画をアーカイブとして保存して後で視聴できるらしいので、有効に使ってマーケティングしている会社(お店)もあるそうです。

 

ファンを増やして知名度を上げていくという点では、なかなか魅力的なWebサービスだと感じました。


検索がひどいことに…

Googleでうちのサイトの検索をかけたら、ひどい結果になっていました。

 

「海中素材のBlue Free」で検索

Google検索

 

問題点1.サブページのタイトルがおかしい

 

利用規約」や「アイコン素材」、「シルエット素材」がヘンな表示になっています。
コンテンツタイトルの後ろに「- 海中素材のBlue Free」という文字がついて、読みにくい印象です。

 

そのため、ユーザが読みやすい形で表示されている「ビーチ」のhtmlファイルと比較してみて、どうしてそうなっているのか原因を調査しました。

 

どうやらこれはhtmlファイル内のh1タグの有無に関係があるようです。

Googleの検索結果にはh1タグがタイトルとして使われるようで、h1タグがない場合はheadのtitleタグの文字列が表示されるようです。

そのためh1タグを設定しているページとそうでないページで、統一感のない検索結果として表示されていたようです。

 

問題点2.サイトの説明がおかしい

 

ビーチ」や「海の中」の説明文が「フォト素材 ビーチ 海の中 お魚…」になっていて明らかにヘンですよね。

これはhead内のdescriptionが設定されていないため、検索エンジンがbodyタグ内から文字列を拾ってきたのだと思われます(^^;;

 

 

このサイトは作成時間に追われて作ったので、人間の目に見えるところから作り始めました。
そのためSEO対策が適切に行われておらず、このザマです(T_T)

 

早急に修正したいものです。