Web屋さんのお仕事について

Web屋さんのお仕事についてメモ

 

Web系の仕事には5種類がある。

 

 

・Webデザイナー

 

PhotoshopやIllustratorを使いこなして、ロゴやパーツを作成。

ショートカットをどれだけ使いこなして早くいいものを作れるかが重要。

 

・コーダー(フロントエンジニア)

 

ブラウザ互換を熟知し、html、CSSを使いこなすオールラウンダー。

PCだけで9種類のブラウザに対応しなければならない。

Windows:IE, Chrome, FireFox, Opera, Safari
Mac:Chrome, FireFox, Opera, Safari

 

やってはいけないこと:

IEはくせが強いので、開発中の表示チェックをIEで行うのはダメ。

Chrome, FireFoxあたりで開発中は表示チェックを行い、最終段階でIEでも動くことを確認するくらいがちょうどいい。

 

・フラッシャー(Flashデベロッパー)

 

ActionScriptに特化。

最近はhtml5に方向転換??

 

 

・インフラエンジニア

 

サーバ管理者。

サーバは動いていることが当たり前と感じているユーザが多いので、落ちると大変なことになる。

なかなか人に評価されないポジション。

 

 

・Webブログラマ

 

PHPなどのプログラミング言語を使う。

必然的にhtmlやCSSなどの知識も必要になる。

 

プログラミング言語を4.5言語使いこなすことが多い。

PHP, htm, sql, javascript, CSS

 

※CSSは厳密にはプログラミング言語ではないので、0.5扱い???

 

 

上記の5つ以外にもプロジェクトマネージャーやディレクターなど、統括する仕事もある。

 

最終的に求められるのは、クライアントと話ができる人

 

技術力 + コミュニケーション能力 があれば最強。

 

……など、勉強になりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です